ミックスボイス・プログラムで、あなたもあらゆる歌をマスターしませんか?

  • どうしても高音域が出ない!
  • どうしても素人っぽい声になってしまう!
  • どうしても音程が狂ってしまう!
  • どうしてもミックスボイスができない!
  • てか、歌が下手! どうにかしたい!

そんな風にお悩みのあなた、その悩みを僕と解決しませんか?

 

また、

  • どうしても喉を締めて歌ってしまう
  • ボーカル教室に1年も通ったのに、うまくなった気がしない
  • ネットの知識や本の知識では学んでいるのに、身につかない
  • 何が悪いのか、根本的にわからない

と、いろいろ試したけれど、ダメだった、という方も歓迎です。

 

僕もボーカル教室には、結構な期間、通っていました。

その教室はすごい良くて、色々な練習法、考え方を教えてもらいましたし、色々な挑戦もさせてもらいました。

 

ただ、褒めて落とすわけではないですが、その教室でも、うまくなっている人と、そこまで上達していない人もいました。

僕も、色々教えてもらいましたが、その教室に通っているだけでは、ミックスボイス(ミドルボイス、ヘッドボイス)を今のように完全には習得できませんでした。

その教室で学ぶ以上に、自主練習を重視していました。

 

教室で学んで、ベースの知識と技術を得ているだけではダメで、その力を、自力で広げていかないと、上達はしません。

具体的に言えば、最も重要な訓練は、自分の音源を聴くこと、です。

 

これに勝る訓練は無いです。

 

自分が求めている声に対して、どこまで近づいているか、が客観的に分かります。

 

そして、教室で学んだこと、自分が本などで読んだこと、自分独自の練習法などを組み合わせて、ミックスボイスの仕組みを完全に理解しました。

 

教室だけでは、なかなか難しい。

僕が通っていた教室でも、僕より前に学んでいるのに、音程さえ整えられない子もいました。

長く学んでいても、ミックスボイスができていた子は、半分ぐらいだったんじゃないかな、と思います。

 

なんでこんなことになるか、は、すごく簡単なことです。

 

それは、

歌の先生って、みんな最初から、あるいは幼少のころから、歌が上手いんですよ。

 

歌が上手いから、歌の先生をやっているんで。

 

僕は違います。

めっちゃ下手でした。

 

高音が出ないとか以前に、低音も出ません。

カラオケの点数も40点とかしか出ませんでした。

 

音痴すぎて、カラオケではみんな、僕の歌をきかずに、気まずそうにみんな喋り出すんですよ。

笑いにもならないぐらい下手だから。

じっと黙ってきいていられないから。

 

それぐらいひどい僕だったから分かることって、本当にいっぱいあるんです。

本当に、一歩一歩、地味に、着実に理解していきました。

 

  • プロっぽくオシャレにきこえるチェストボイスの出し方
  • ミドルボイスをスムーズに出す方法
  • チェストボイスとミドルボイスを繋げるための練習法
  • ヘッドボイスの出し方
  • 喉を締めずに、チェスト〜ミドル〜ヘッドを行き来する方法

 

本当に一つずつ、一進一退を繰り返しながら成長したんです。

  • 「できた!」と思って音源をきいたらできていなかった
  • 「できた!」と思ったけど翌日、できなくなっていた
  • 喉をわざと締めたり、歌まねをしたり、歌い方を変えてみた
  • 体に力が入らないよう、寝転がって歌ってみた
  • 腹式呼吸をやめたり、舌を動かすトレーニングをしてみたり
  • Aの方法がダメなら、Bの方法で。
  • 昨日はBが良かったのに、今日はBが合わなくなっていたり。。

まさに、実験ですね。

毎日毎日、自分の体で実験しているような感じです。

 

本当に下手だったからこそ、本当に1歩ずつ、ゆっくりしか成長できなかったからこそ、すべての過程が分かるんです。

 

ある日突然分かって、レベルが10も20もアップする人もいるでしょうが、僕の場合は本当に、テレビゲームのロールプレイングゲームのように、地道に敵キャラを倒して、経験値を貯めて、1レベルずつ上がっていったんです。

 

だからこそできる、アドバイスがあるんです。